第52回日本神経病理学会総会学術研究会のご案内



【テーマ】
  オミックス・サイエンス時代の神経病理学

【会長】
  伏木信次 教授
  京都府立医科大学大学院分子病態病理学





宿泊



  京都テルサ 周辺のホテル・宿











日本神経病理学会



名称第52回日本神経病理学会総会学術研究会
日時2011年 6月2日(木) − 6月4日(土)
託児所 − 
会場京都テルサ
住所京都市南区東九条下殿田町70(新町通九条下る)
TEL 075-692-3400
最寄り駅 ◆JR京都駅(八条口西口)より南へ徒歩約15分
◆近鉄東寺駅より東へ徒歩約5分
宿泊 京都テルサ 周辺のホテル・宿 
   京都駅周辺のホテルを地図から探す

 




   第52回日本神経病理学会総会学術研究会





臨床医のための情報

 

【基礎医学の教授に医師がいなくなってもいいのか】 


 このままでは基礎医学の教授のほとんどが医師(医学部医学科卒業生)
ではない日が来る―。日本医学会総会の特別企画「わが国の研究医の育成」で、
医学研究者養成について講演する九州大学医化学研究分野教授の横溝岳彦氏は、
基礎医学を進む医師の減少に強い危機感を持つ。基礎研究に志す医師が
減っているのはなぜか?基礎医学教室に医師がいなくなると、いったい何が起こるのか?
 記事全文を読む  


日経メディカル オンライン  

日経メディカル<雑誌の定期購読>





病理科医の転職について



<<採用ニーズ動向>>

 病理医の求人状況は、例年通り、りもせずえもせずといった状況です。
しかし、総合病院では、業務増加に伴い、増員を検討しているところも
出てきている状況です。
 欠員がそれほど出ないので、転職を検討する場合、十分リサーチを
することをおすすめいたします。

                              情報源:医師転職ドットコム






ナースコム
JUGEMテーマ:学会カレンダー

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://gakkai.robot.schoolbus.jp/trackback/798

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM